IPLの長所と短所

光脱毛機のIPL方式は、インテンス・パルス・ライトの略で、IPL方式の脱毛機で照射される光のことです。

現在ではSSC方式と同じく、IPL方式も採用している脱毛サロンやエステ多くあり、広く普及しています。

いろいろと特筆な点がありますのでまとめました。

3つの長所と1つの短所をお伝えします。

IPL方式【長所1】少ない痛み

光脱毛は光を照射する前にジェルを塗り肌を冷やすことによって痛みを緩和しています。

加えて、1回の照射ごとにスイッチのオンとオフを繰り返すことで、皮膚の温度が上昇するのを防ぎ痛みを少なくしています。

痛みは感じ方が人によってさまざまですが、参考になればと思います。

IPL方式【長所2】短縮された施術時間

複数の波長を混ぜ合わせ拡散させた光をIPL方式では照射しています。

拡散された光は1回に広い範囲にわたり照射することできますので、施術時間を短縮することにも繋がっています。

IPL方式【長所3】美肌の効果

可視光線と呼ばれている光が、IPL方式で照射する光に含まれています。

この可視光線は肌を活性化する作用があり、気になっている黒ずみが解消した、肌のキメが細かくなった、引き締めの効果があった、などの体験をされる方もいます。

脱毛しただけなのに、肌の状態が向上するのは嬉しい副産物ですよね。

IPL方式【短所1】産毛や日焼け肌も等はNG

SSC方式のページでお伝えした内容と同じになりますので、省略します。

こちらのページで内容を確認できます。

SSC方式【短所1】産毛や日焼け肌も等はNG

IPL方式とSSC方式の簡易比較

IPL方式とSSC方式は、毛周期の成長期の毛に対して施術をするという点において、大きな違いはありません。

ただ、多く脱毛サロンやエステの特長を考慮すると、IPL方式は脱毛効果が高く、SSC方式は料金が安い、という傾向がみられます。

余談ですが、医療レーザー脱毛で照射する光を弱めて痛みも和らげたものが、IPL方式で照射される光と言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする